○石川町公民館条例施行規則

平成16年12月24日

教委規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は,石川町公民館条例(平成16年石川町条例第22号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。

(公民館の事業)

第2条 条例第2条に規定する公民館(以下「公民館」という。)は,対象となる区域内の町民に対し,次の各号に掲げる事業を行うものとする。

(1) 社会教育法(昭和24年法律第207号)第22条に規定する事業

(2) 公民館関係指導者の養成及び研修を行うこと。

(3) 展覧会,講演会その他町の全般にわたる規模の事業を実施すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか,事業の実施に関し,相互の連絡調整を必要とする事項について処理すること。

(館長)

第3条 公民館の館長は,教育長の命を受け,所属する職員を指揮監督する。

(職員)

第4条 公民館の職員は館長のほか,次の表の左欄に掲げる職員とし,その職務はそれぞれ右欄に掲げるとおりとする。

主幹

上司の命を受け,特に指示された事務を掌理する。

副館長

館長を補佐し,公民館の事務を整理する。また,館長不在のときは,その職務を代理する。

主任主査

上司の命を受け,担当の事務を司る。

係長

上司の命を受け,係の事務を処理する。

主査

上司の命を受け,担当の事務を司る。

主事

上司の命を受け,事務を司る。

社会教育主事

上司の命を受け,社会教育を行う者に専門的,技術的な助言と指導の事務にあたる。

(事務の処理)

第5条 公民館における事務の処理,職員の服務等については,教育委員会事務局の取扱いの例による。

(使用時間)

第6条 公民館の使用時間は,午前9時から午後10時までとする。ただし,教育委員会が必要と認めるときは,これを変更することができる。

(休館日)

第7条 公民館の休館日は,次のとおりとする。ただし,教育委員会が必要と認めるときは,これを変更し,又は臨時に休館することができる。

(1) 毎月第4月曜日

(2) 12月28日から翌年1月4日まで

(使用の申込)

第8条 条例第6条第1項の規定により使用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,石川町公民館使用申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を館長を経由して教育委員会に提出し,許可を受けなければならない。

2 申請者は,公民館内に特別の設備等を搬入して使用する場合には,申請書にその旨を記載し,あわせて許可を受けなければならない。

3 公民館使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が,受けた許可内容を変更しようとするときは,申請書に変更内容を記載し許可を受けなければならない。

(使用料の減免)

第9条 条例第8条第1項の規定により,使用料を減額し,又は免除することができる場合は,次のとおりとする。

(1) 県及び町が主催する行事に使用するとき。

(2) 社会教育団体がその目的のために使用するとき。

(3) その他,町長が特に必要があると認めるとき。

(使用者の遵守事項)

第10条 使用者は,次の事項を守らなければならない。

(1) 施設等は丁寧に取扱い,滅失し,又はき損しないこと。

(2) 施設内の風紀及び秩序を乱さないこと。

(3) 安全衛生及び整理整頓に努めること。

(4) 公民館職員の指示に従うこと。

2 使用者は,施設等を滅失し,又はき損したときは,直ちに公民館職員に届け出なければならない

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか,管理運営について必要な事項は,教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成17年4月1日から施行する。

(石川町公民館設置規則の廃止)

2 石川町公民館設置規則(昭和48年教委規則第1号)は,廃止する。

附 則(平成19年教委規則第3号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年教委規則第2号)

この規則は,公布の日から施行し,平成28年4月1日から適用する。

様式第1号(第9条関係)

 略

石川町公民館条例施行規則

平成16年12月24日 教育委員会規則第6号

(平成28年5月9日施行)