ふりがな

ON

OFF

文字サイズ

A

A

背景色

行政情報

トップ行政情報 > 石川町議会BCP(業務継続計画)を策定しました

石川町議会BCP(業務継続計画)を策定しました

                                更新日:2020年6月4日

 石川町議会では、東日本大震災をはじめとする大地震、昨年発生した台風第19号等の大規模自然災害など、町民の生命や生活を脅かす様々な危機に対し、議会としてルールを明確にして向き合っていくために町議会としてのBCP(業務継続計画)の検討を進めてきました。

 この度、災害等の発生時における「議員」、「議会」、「事務局職員」の行動基準を各段階に応じて定めることで、迅速かつ継続的な議会活動を確保することを目的として「石川町議会BCP(業務継続計画)」を策定しました。

〇 石川町議会BCP(業務継続計画)の構成

  当計画については、以下の10項目によって構成されています。

1 概要と目的

  計画の目的を定めています。

2 基本方針

  議会機能の早期回復、議員の行動指針を定めています。

3 町との連携

  町との相互連携の必要性について定めています。

4 想定する災害

  震度5強以上の地震、大規模風火災や事故、新型インフルエンザ等の感染症、武力攻撃・大規模テロ等の災害を定めています。

5 組織体制

  災害対策会議の設置、議員の主な役割を定めています。

6 各組織の活動及び議員の行動基準

  平時、災害発生時における議員、議会事務局の行動基準を定めています。

7 業務継続のための資源に関する対策

  議員、連絡手段、議場、食料・飲料水について定めています。

8 災害発生時における連絡体制

  安否確認、災害対策本部からの情報提供、登録メールアドレス変更等について定めています。

9 議会の防災訓練

  年1回の訓練に努めるよう定めています。

10 計画の運用

  計画の見直しや見直し体制について定めています。

石川町議会BCP.pdf