四季のギャラリー ステーションライブラリー 時刻表 イベント情報 歴史 リンク
郡山駅 安積永盛駅
郡山市燧田(ひうちだ)にある郡山駅は、明治20年7月16日に開業され、水郡線、東北本線、磐越西線、磐越東線、秋田新幹線、東北新幹線、山形新幹線が通っています。 郡山市笹川にある安積永盛駅は、明治42年10月18日に開業され、 水郡線、東北本線が通っています。
磐城守山駅 谷田川駅
郡山市田村町にある磐城守山駅は、昭和4年5月10日に開業されました。 郡山市田村町にある谷田川駅は、昭和4年5月10日に開業されました。
小塩江駅 川東駅
のどかな風景が広がる小塩江駅。無人駅ですが、地域住民の重要な足となっており、周辺には、宇津峰山中腹のキャンプ場である市民の森などがあります。 ピンク色の駅舎が印象的な川東駅。朝夕は郡山への通勤・通学の乗降客が多く、周辺には、福島空港や先端科学を楽しく体験できるムシテックワールドなどがあります。
泉郷駅 川辺沖駅
村内の拠点となる駅であり、主に学生の利用が多いです。 辺りは田畑に囲まれた、のどかな風景の駅です。
野木沢駅 磐城石川駅
石川町は、日本三大鉱物産地の一つと知られ、中でも結晶が大きい事で有名です。1910年代(大正)から昭和40年頃まで、ガラスや陶器の釉薬の原料になる石英、長石を盛んに採掘し、首都圏や関西地方への輸送拠点であったのが、この野木沢駅です。 交通の要衝で、農業の盛んな石川地方の流通経路を支えたのがこの磐城石川駅でした。現在も観光や産業、通勤通学の起点として賑わっています。昭和35年に駅舎が火災に遭い、その時建て替えられた駅が今の駅舎となっています。
里白石駅 磐城浅川駅
古い木造の駅舎が取り壊され、現在の里白石駅は小さな待合施設のみとなっており、とても静かな駅です。 磐城浅川駅は、町の中心部に位置する水郡線の中で最も標高の高い駅です。古い木造の駅舎は、とてもなつかしいたたずまいです。
磐城棚倉駅 中豊駅
棚倉町の水郡線玄関口であり、ルネサンス棚倉・亀ヶ城公園・時の鐘などへのアクセスポイントでもあり、白河方面へのバスが発着しています。また、みどりの窓口も置かれています。 無人駅ですが、朝夕、県立修明高校の生徒で賑わいます。
近津駅 磐城塙駅
モダンな駅舎である近津駅は無人駅です。八槻都々古別神社、山本不動尊への最寄り駅で、自然と歴史にふれたい方はぜひお立ち寄りください。 駅舎に沿って町立図書館、塙町コミュニティープラザが連なり"森林(もり)"をイメージした尾根は町のシンボルにもなっています。
磐城石井駅 南石井駅
地元だけでなく、塙町の人々からも利用されています。
駅舎もなく、一見どこが駅なのかわかりませんが、地元の人々の通勤・通学には、欠かせません。
東館駅 矢祭山駅
矢祭町の中心に位置し、朝夕の通勤・通学に利用されています。 水郡線の福島県の玄関口。春の花の季節には、4月中旬の桜にはじまり5月上旬からは、50,000本のつつじが迎えてくれます。