○石川町災害見舞金等支給規則

平成24年2月29日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は,石川町において火災,地震,風水害及びこれに準ずる災害(以下「災害」という。)により被災した者(以下「被災者」という。)で,石川町災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和53年条例第20号。以下「災害弔慰金条例」という。)の適用を受けない被災者に対して,災害見舞金又は弔慰金(以下「見舞金等」という。)を支給するために必要な事項を定めるものとする。

(見舞金等の支給対象者)

第2条 災害見舞金は,次の各号のいずれかに該当するとき,その被災者に支給する。

(1) 災害により住家が第3条に規定する被害を受けたとき。

(2) その他これに類する災害を受け町長が必要と認めたとき。

2 弔慰金は,町内に居住する者が次の各号のいずれかに該当するとき,その死亡者の死亡前における同居の親族(同居の親族がない場合は,その親族。以下同じ。)に支給し,親族の範囲及び順位は,災害弔慰金条例第4条に準ずるものとする。

(1) 災害により死亡したとき。

(2) その他災害により死亡したときで町長が必要と認めたとき。

(見舞金等の額)

第3条 見舞金等の額は,次の表に定めるとおりとする。ただし,特別な事情によりこれによりがたいときは,町長が別に定めることができる。

〈災害見舞金〉

区分

基準

金額

全焼,全壊,流失,埋没又は水没

1世帯につき

100,000円

半焼又は半壊

1世帯につき

50,000円

床上浸水

1世帯につき

30,000円

1 住家の全焼,全壊,半焼,半壊とは「災害の被害認定基準について(平成13年6月28日府政防第518号)」に基づくものとする。

2 床上浸水とは,住家の床より上に浸水したもの又は全壊,半壊には該当しないが,土砂,竹林等のたい積により一時的に住居することができないものをいう。

〈弔慰金〉

区分

基準

金額

弔慰金

被災者1人につき

100,000円

(支給の制限)

第4条 災害の原因が被災者の故意又は重大な過失によるものである場合は,見舞金等は支給しない。

2 被災者生活再建支援法(平成10年法律第66号)による支援金又は災害により配分される義援金の支給を受けた場合は,災害見舞金は支給しない。

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

石川町災害見舞金等支給規則

平成24年2月29日 規則第1号

(平成24年2月29日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成24年2月29日 規則第1号