○石川町立養護老人ホーム長生園管理規則

昭和38年12月1日

規則第18号

第1章 総則

(運営の方針)

第1条 石川町立養護老人ホーム長生園(以下「園」という。)の事業は,老人福祉法(昭和38年法律第133号)の規定に基づき,施設入所者の保護及び福祉の万全を期するものとする。

(管理責任者)

第1条の2 園の管理運営を適切に行うため,管理責任者を置く。

2 前項の管理責任者は,石川町立養護老人ホーム長生園長(以下「園長」という。)とする。

(入所定員)

第1条の3 園の入所定員は,70名とする。

(この規則の運営)

第2条 この規則は,園内の共同生活の円滑なる運営及び公共の福祉に反しない限り,施設入所者個人の人権を尊重して運用しなければならない。

第2章 職員の定数,区分及び職務内容

(職員)

第3条 園に次の職員を置き,その定数は当該各号に定めるとおりとする。

(1) 園長 1名

(2) 副園長 1名

(3) 生活相談員 3名以内

(4) 事務職員 1名

(5) 支援員(主任支援員) 5名

(6) 看護師 1名

(7) 栄養士 1名

(8) 用務員又は庁務員 1名

(9) 嘱託医 2名

(職務内容)

第4条 園長は上司の命を受けて施設の事務を管理し,所属職員を指揮監督する。

2 副園長は園長の命を受け,園長を補佐する。

3 事務職員は上司の命を受けて,庶務,会計その他施設の事務に従事する。

4 生活相談員は上司の命を受けて,主任支援員及び支援員の指導,入所者の特殊問題について指導処理及び日常の処遇に従事する。

5 主任支援員は上司の命を受けて,入所者の身上相談,生活指導等に従事する。

6 支援員は上司の命を受けて,入所者の日常の処遇等に従事する。

7 看護師は,上司の命を受けてから医師の指示に従い,入所者の保健衛生,病弱者の看護その他の事務に従事する。

8 栄養士は上司の命を受けて,給食に関する事務に従事する。

9 用務員又は庁務員は,園の運営管理に必要な用務技術に従事する。

10 嘱託医は上司の命を受けて,入所者の健康診断及び医療に従事する。

(代理)

第4条の2 園長に事故があるとき,又は欠けたときは,副園長がその職務を代理する。

2 園長及び副園長がともに事故があるときは,上席の職員がその職務を代理する。

第3章 災害対策

第5条 園長は,非常災害その他急迫事態に際し,とるべき措置についてあらかじめ計画をたて施設入所者の訓練を行い,かつ,防災設備及び火災発生等のおそれのある個所の点検をしなければならない。

第4章 施設入所者の処遇

(処遇の原則)

第6条 施設入所者の処遇は,施設入所者の心身の状態に応じ,明るい環境のもとに規律ある生活をさせるものとする。

2 園長は,施設入所者の日常生活について,この規則に定めるもののほか,その日課を定め,これを励行させることができる。

(新たに入所した者に対する措置)

第7条 園長は,新たに措置を要する者が入所したときは,速やかに当該利用者について健康状態その他措置の目的を達成するために必要な事項を調査し,衛生上必要な措置を講じなければならない。

(清掃等への協力)

第8条 園長は,居室内外の清掃,衣類の洗濯,環境の整備その他施設入所者の処遇のため必要な作業に施設入所者を協力させることができる。ただし,この場合,年齢,性別,体力等を考慮し強制にわたってはならない。

(修養,娯楽等)

第9条 施設入所者に対しては,余暇を善用する習慣を養わせ,読書,音楽,運動,娯楽等を適宜行うものとする。

(物品の貸与及び給与)

第10条 施設入所者には,必要に応じ寝具その他日常生活に必要な物品を貸与し,又は給与する。

2 園長は,前項の物品の利用及び保管についての必要な指示をしなければならない。

(食事)

第11条 施設入所者の食事は,熱量,成分,味覚に注意し,栄養の向上をはかるようにつとめなければならない。

(医療)

第12条 施設入所者が疾病にかかり,又は負傷したときは,医療を行わなければならない。

第13条 園長は,施設入所者の健康診断を年2回以上行い,その結果を記録しておかなければならない。

(理髪,入浴,暖房)

第14条 施設入所者のうち,男子は月1回以上理髪を行い,男女共週2回以上入浴をさせるものとする。

2 暖房は,11月から翌年3月末までとする。

(衛生)

第15条 施設内は,常に清潔を保ち,施設入所者の使用に供する食器等はそのつど寝具,衣類等は必要に応じ消毒するものとする。

(職員の健康診断)

第16条 施設の炊事に従事する者は,月1回以上その他の職員は年1回以上健康診断を受けなければならない。

(内職及び手伝い)

第17条 施設入所者には,作業を課さない。ただし,内職,手伝い等については施設入所者の任意とする。

2 前項の内職,手伝い等は,日課表に定められた時間内においてかつ施設入所者の心身の状況に応じて行うものとする。

3 内職,手伝い等により生じた収益(内職に要した必要な経費を除く。)はこれに従事した者に帰属する。

第5章 施設入所者の守るべき規律及び義務

(施設入所者の心得)

第18条 施設入所者は,園長の定める日課にすすんで従い,常に心身の健康の保持につとめるように心がけなければならない。

(日課)

第19条 施設入所者の日課は,次のとおりとする。

(1) 起居

起床 午前6時

就床 随意

消灯 午後9時

(2) 食事

朝食 午前8時

昼食 正午

夕食 午後5時

2 前項に定めるもののほか,必要な事項は,園長が別に定める。

(外出等)

第20条 施設入所者は,外出しようとするとき又は外来者と面会しようとするときは,そのつど園長に申し出てその承認を得なければならない。

2 園長は,前項の規定により入所者から外出又は面会の申出があった場合は,共同生活の秩序をみだすような特別の事由がない限り承認を与えなければならない。

3 外出又は面会の時間は,原則として午前9時から午後4時までとする。

(外泊)

第21条 施設入所者は,外泊するときはその理由,行先及び帰着予定日時を明らかにして園長の許可を受けなければならない。

(施設入所者の注意すること)

第22条 施設入所者は,施設内生活の秩序を保ち,相互の親和につとめ,特に次の各号に注意しなければならない。

(1) 火気に注意し,たき火,自由炊事及び就寝後の喫煙をしないこと。

(2) 許可なくして飲酒又は食物の調理をしないこと。

(3) 意見のある場合は係員に申し述べ,うわさ又は想像で他人を中傷するなど不信の行為をしないこと。

(4) けんか,口論その他人に迷惑になる行為はしないこと。

(5) 無断で備品の位置及び形状を変更し,又は破損しないこと。

(6) 建物,設備その他の施設の物品は,丁寧に扱い,き損,滅失等のあったときは,園長に申し出ること。

(7) 相互に金銭及び物品の貸借並びに売買をしないこと。

(8) 園長の指示に従うこと。

(違反者に対する措置)

第23条 施設入所者が次の行為をなし,園長の再三にわたる指導説示にもかかわらず,なお,改めないときは,園長は措置の実施機関に通告し,その決定により施設から退去させることができる。

(1) 公安を害する行為をした者

(2) 破廉恥的な行為をした者

(3) その他施設における共同生活をそこなう行為をした者

(所持金の保管)

第24条 施設入所者は,自己の所持する金品を希望により園長に保管を委託することができる。

(異動事項の報告)

第25条 施設入所者は,身分その他の事項について異動が生じたときは,速やかに園長に届け出なければならない。

第6章 雑則

第26条 この規則に定めるもののほか,施設の管理及び運営に関して必要な事項は,町長の承認を受けて園長が別に定めることができる。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和53年規則第9号)

この規則は,昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第9号)

この規則は,平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第5号)

この規則は,公布の日から施行し,平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成19年規則第17号)

この規則は,公布の日から施行し,平成19年4月1日から適用する。

石川町立養護老人ホーム長生園管理規則

昭和38年12月1日 規則第18号

(平成19年12月25日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和38年12月1日 規則第18号
昭和53年3月27日 規則第9号
平成6年3月31日 規則第9号
平成17年6月30日 規則第5号
平成19年12月25日 規則第17号