○石川町児童館条例

昭和42年12月26日

条例第26号

(目的)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第2条の規定により,児童に健全な遊びを与え,幼児又は少年を個別的及び集団的に指導して児童の健康を増進し情操を豊かにするとともに子供会,母親クラブ等の地域組織活動の育成助長と児童の健全育成をはかることを目的とする。

(児童の定義)

第2条 この条例において対象とする「児童」は,満3歳から満18歳までに達するまでの者とする。

(職員)

第3条 児童館に,館長,児童厚生員,その他必要な職員を置く。

(職員の定数)

第4条 職員の定数は,5人以内とする。

(職員の服務)

第5条 館長は,児童館の運営管理にあたるほか,他の職員の指揮監督にあたる。

2 児童厚生員は,館長の指揮に従い,運営業務に従事する。

(規則への委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

(条例の準用)

第7条 この条例で定めるほか,職員の給与,勤務時間その他の勤務条件に関しては,石川町条例を準用するものとする。

附 則

この条例は,公布の日から施行し,昭和42年12月1日から適用する。

附 則(昭和44年条例第8号)

この条例は,昭和44年4月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第29号)

この条例は,平成17年4月1日から施行する。

石川町児童館条例

昭和42年12月26日 条例第26号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和42年12月26日 条例第26号
昭和44年3月25日 条例第8号
平成16年12月24日 条例第29号