○学校週5日制の実施に伴う石川町立学校施設の開放に関する規則

平成5年3月22日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は,学校週5日制の実施に伴い,休業土曜日の午前中,低学年の子供の安全な活動の場を確保するため,町立小学校の運動場,体育館等の施設を子供の利用に供すること(以下「施設の開放」という。)に関し,必要な事項を定めることを目的とする。

(開放する学校及び施設)

第2条 施設の開放を行う町立小学校(以下「開放校」という。)及び当該開放校において開放する施設(以下「開放施設」という。)は,当該学校長の意見を徴して教育委員会が定める。

(施設の管理責任)

第3条 施設の開放に関する事務は,教育委員会が行うものとする。

2 施設の開放の管理は,教育委員会が行い,開放校の校長は,当該施設の開放に伴う管理上の責任を負わないものとする。

(学校開放指導員)

第4条 開放校ごとに学校開放指導員(以下「指導員」という。)を置く。

2 指導員は,教育長が委嘱する。

3 指導員は,教育委員会の命を受け,開放施設の管理並びに開放施設を利用する者の安全の確保及び指導にあたるものとする。

(開放の施設)

第5条 開放の施設は,次のとおりとする。

(1) 開放校の運動場及び体育館を遊び及びスポーツの場として開放する。

(2) その他教育委員会が必要と認めたもの

(施設開放の利用手続)

第6条 施設の開放を受けようとする者は,原則として前日までに教育委員会に申し出なければならない。

2 幼児については,保護者等が申し出をし,必ず付添いをするものとする。

(利用者の義務)

第7条 前条の利用の申し出をした者(以下「利用者」という。)が開放施設を利用するときは,常に善良な管理者の注意をもってしなければならない。

2 利用者が,この規則に違反し,又は指導員の指示に従わないときは,指導員は,利用の中止を命ずることができる。

(利用者の責任)

第8条 利用者が指導員の指示に従わず故意又は過失により開放施設を毀損し,又は亡失したときは,教育委員会の指示に従い,その損害を賠償し,又はこれを原状に回復しなければならない。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,教育長が別に定める。

附 則

この規則は,平成5年4月1日から施行する。

学校週5日制の実施に伴う石川町立学校施設の開放に関する規則

平成5年3月22日 教育委員会規則第1号

(平成5年3月22日施行)